プロフィール

  • Author:塾長

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

時を統べる不死鳥の間
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿題。。。
20041231075016s.jpg


出戻りTY-Zの手直しがほぼ完了。
手直し箇所は、リンク周り・給排気系・フレーム・タンク・・・早い話が作り直し。(T_T)

タンクはパンペ改と同じようにフレーム内蔵として、シュラウドもCRF用YZブルーに変更で新型YZより細くなりました。
フレーム全体に熱をかけたので1ヶ月の時効硬化を経てテスト予定。


20041215193900.jpg


続いて01KTM125EXCを弄りました。
大晦日までガレージに入り浸り・・・。
こっちは来年最初の更新ネタにするのでお楽しみに。

それでは皆様、良いお年を。。。
スポンサーサイト

[READ MORE...]
材料は揃った
20041225235042s.jpg


現在宿題の消化中・・・何とか年内には終了しそう。

先週頼んだパーツも全て揃って、新企画の準備は完了。
ガレージ内ダンボールだらけで激しく邪魔・・・早く進めたいものです。
年明けからKTMネタで更新できそうなので、もう少々お待ち下さい・・・って、更新待ってる人要るのかな?(--;


師走で大忙し・・・疲れると愚痴りたくなる・・・
20041221230524.gif



最近スパムメールが激増していて非常に不愉快です。
近々メールアドレスを変更するつもりだけど、どの程度効果あるのか・・・。

HPを公開していると、見知らぬ人からメールを貰ったりする機会が多いのですが、最近とても気になっている事があります。

不特定多数の人が見ている(と思われる)BBSなら分からないでもありませんが、個人宛に出すメールで匿名やHNで出してくる人が多い。突然「こんにちわ、セバスチャン(仮名)です。」って言われても困ってしまいます・・・セバスチャンって誰?そんな怪しげな名前の奴なんか知らん。(--;

なんか本名を名乗れない訳でもあるのですか?

更に、始めましての後にいきなり質問攻め・・・貴方は何処の何方ですか?貴方は普段から知らない人に質問攻めするのですか?せめて自己紹介ぐらいしても良いのでは?っと小一時間問い詰めたい・・・(--;;
こういう人は質問に答えても、その後は無しのつぶて・・・その度に脱力感に襲われます。

誰かに何かを与えられたり教わったりしたら「有難う」位言える様になりませぅ。。。
それが出来ないなら人に頼らない事です、自分の力で何とかしましょう、、、教えて君は嫌われますよ。

っといったメールが急増しているので、今後この手のメールは即ゴミ箱行き。(--凸
疲れた。
20041220212945s.jpg


会社にて、、、昼飯前に肩叩かれて「悪いけど不良の手直しに行ってくれ」と言われてしまった。丁度仕事を一つ片付けた所だったので軽い気持ちで了解したら、場所は長野県だと・・・。(--;

昼飯食って休み時間返上で機材を揃え、自分の車(会社の車は遅過ぎて・・・)に積み込んでいると、「ついでにこれ納品して来て♪」とパレット一杯の荷物も渡された・・・。(--;;

茨城⇔長野で往復約500km、7時間ほどかかってガス代や交通費など2万近くかけて行った手直しは、たった2箇所の穴開けのみ・・・。(--;;;

あ~勿体無い、ああ~ばかばかしい、誰がやった仕事だ?誰が検査した?ちょっと確認すれば防げるミスなのに、この手の不良が無くならないのは何故?

忙しいから確認を怠ったと言い訳する奴が居るけど、そんなの言い訳にならない。確認するのに5分とかからないはず、それを怠った為に今回のような事態が起きる。事は無駄な出費だけではなく、このような不良が続くと信用問題に繋がる。

信用がなくなると仕事が減る、仕事が減れば給料に影響が出る・・・困るのは結局自分達だという事が分からんのかのぉ・・・。
・・・呪いのサンタ((((((^_^;)
20041217214902s.jpg



来週はクリスマスで御座います。
近所の家々では色鮮やかな電飾でかなり賑やかな夜を演出しています。
うちは特別な事はあまりやらないのですが、何を思ったか嫁がサンタ人形を買ってきました。

暗い玄関に置いてコンセントを差込、スイッチオン・・・内部から怪しげな光を放ちながら「ギギギ~~~ッ」っとぎこちない動きで身体を揺らしだします。

サンタというより魔よけ?呪いの人形?(--;
通りすがりの子供が見たら泣くぞ・・・(-A-)

リングにかけろ~♪
20041216230711.gif


偶然、第一話から見てしまった昔懐かしい「リングにかけろ」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/rin-kake1/index.html

知らない人の為に簡単に作品解説:70年代後半から4年に渡り週刊少年ジャンプで連載され、少年漫画史上にその名を刻んだ不朽の名作「リングにかけろ1」・・・ってリアルタイムで読んだ事無いので実は全然知らないのだけど(笑)

キャラ見れば分かるとおり、あの「聖闘士星矢」を書いた人と同じで、その内容たるや、もうこれ以上に無いくらい大げさな演出と派手な効果のオンパレードで最初は目が点・・・(・_・)

ところが何となく見続けているうちに慣れてしまって、ストーリー展開の早さと過剰な演出に、苦笑しつつも手に汗握って見入ってしまった。。。(不覚)

そして昨日が最終回・・・続きを臭わせるエンディングに、、、続編やってくれよテレビ朝日さん!

次回作候補・・・(--;
20041215190900.jpg


日頃から入り浸ってる某チャットで、次はEC250ベースでこんなのどや?って言われた・・・。


20041215190914.jpg


これなら不意な前転にも安心ってか?(--;;
ECのフレーム持つか心配とか・・・いやそういう問題とちゃうやろって、、、嫌やこんなの誰が作るか(--;;;
EDレーサーはどれがいい?
20041214201744.jpg


先日KTM125EXCを手に入れてしまいました。これで手持ちの車両はKTM125EXC・400EXC-R・450EXC-R・GASGAS EC250・YAMAHA YZ85LW改・・・気が付けば呆れるほどのラインナップに「どれか売れ!」と嫁に怒られる始末。

売るつもりは無いけど、仮にどれか出さなければならないと考えると結構悩みます。400と450はキャラがかぶってますが、400は現状OHが必要で売るに売れない車両なので・・・しくしく。YZ85LWは8耐用のスペシャルなので手放せない(というか怪し過ぎて売り物にならない)KTM125とEC250は山やゲロレースで重宝しそうだけどキャラがかぶるな~・・・でもどっちか選べないし、どうせ出すなら両方出してKTM200EXCが欲しかったり。。。




ここまで揃うと4st250が無いのが寂しい・・・って思ったりしますが、昨年WR250Fを盆栽化していて、結局殆ど乗る事無く手放したので今の所欲しくは無いです。個人的には4st250ってのは非情に中途半端に思えてしまうのですが、世間では一番人気みたいですね。

各メーカー、一番力を入れているクラスのようで、それぞれ新型を出して凌ぎを削っているのはご承知の通り。じつはスパルタ塾のレース部員が事故成金(笑)で4st250を狙っているらしく、沈下したBBSにて意見を求めてきたので考えてみました。

まずは国産から、、、

HONDA CRF250X
ホンダ初のセル付きEDレーサーで注目度は今年No1だった?(興味ないのでよく分からん) 人から聞いた噂では、Rに比べてデチューン具合が著しく「軽いXR」とか・・・今一つ想像出来ないでいたのですが、先日新車に試乗する機会を得ました。第一印象は「重い・シートの幅が有り過ぎ・サスやわ過ぎ」・・・EDレーサーというよりは、2stトレールの替わりみたいな印象。CRM250Fってネーミングのほうがいいかも。。。
あれで保安部品付けて登録まで含めると100万近くするそうで、ちょっと高過ぎ、、、R仕様に戻すのに10万程かかるのもマイナスポイントかと。

YAMAHA WR250F
4st250一番人気のWR、、、レース会場の5割が青いバイクのような気がします。熟成具合や信頼度では比類ないはずなのですが、数が多い分さまざまなトラブルの話もよく耳にします。アクセル閉じた瞬間、負圧(?)でキャブが外れたとか、CDIがパンクするとか、ミッションの寿命は1年とか、、、個人的には転倒したりすると白い筋が付く改装パーツが嫌(笑) セル無しは軽くて悪い印象は無かったのですが、速く走らせ続けるのが大変なバイクだな~っと思います。常に集中して全開全開・・・WRで速い人は尊敬します。03以降のセル付きは重量バランスが悪いとも聞いてますが、乗った事が無いので不明。

鈴川はEDレーサー出してないので却下。。。

次に外車、、、

KTM250EXC-R
04モデルを試乗した事がありますが、普段400に乗っている身にはパワー感に乏しく、フレーム・足回りが共通なので軽快さに欠ける印象です。同時に試乗した450のフィーリングが最高に良かったので、正直あまり良かった印象が残ってません。ただ、KTMの場合はボア*ストロークが違うだけで上位車とパーツの互換性があり、純正パーツで好きな排気量に変更出来たりします。250の場合は350ccキットなる物が8万位で出ていて人気があるそうな。エンジンはメンテナンスを怠らない限りは非常に丈夫です。

ハスクTE250
これは乗った事が無いので何とも、、、噂では非常に軽くてコンパクトでクラスNo1の出来とか。しかしキックセットを注文して2年経ってもまだ来ないなんて話を聞くと・・・。

tm250F

つい最近、某コースで試乗する機会を得ました。走行150kmのピカピカの新車です。先入観を捨てて乗ってみて驚いたのは2stのごとく軽い!250ccでサイレンサーにパンチングのフタがされた状態なのに高回転域のパワーも凄い!・・・っとココまでは良いのですが、低速域がガボガボいって気持ちよく乗れなかったのが残念。昨日までは調子良かったとか言ってましたが、気温(?)がちょっと変わったぐらいでセッティングが外れるほどシビアなエンジンなのか?オーリンズのリアサスは流石に素晴らしくEC250でやるようにパワースライドさせながら走る事が出来ました。50万以上するらしいフロントフォークは正直分かりません、、、シール類のリプレースパーツ値段が気になるのは私だけ?私程度のレベルでは、百数十万の価値があるのかどうか全然分かりません。

主観たっぷり好き勝手に書きましたが、鳴かず飛ばずのサンデーライダーの戯言ですので、各オーナーの方々怒らないで下さい。。。
魅惑のアルミ溶接
20041214201659.jpg

少し前に、こんなメールを頂きました。

> 最近、中古のTIG溶接機(直交両用)を購入し、アルミ溶接の技術を収得しようとがんばっているのですが、なかなか出来ません。
> ここで質問なのですが、ステンレスを溶接する場合は、音もなく(?)材料が溶け出して溶接できるのに、アルミ(交流)の方をトライしてみると、ジジジジー。バジバジー!といかにも電気!と言うような音をたてて材料が黒くなるばかりです。


そうなんです、、、鉄やステンレスは、割と見よう見まねで溶接出来たりしますが、アルミはある程度の知識と技術がないと上手く溶接出来ません。昔は10年やって一人前なんて言われるほどでした。しかし最近は溶接機も進化し、ちょっとやり方が分かれば意外と簡単に出来るようになってきています。

アルミは溶接出来る条件をそろえないと、まったく溶接出来ない位シビアな代物ですが、分かってしまうと簡単です。まず、溶接する対象の脱脂を行いましょう。
油分が黒くなる原因の一つです、又アルマイト処理が施してあるとやはり黒くなります、その場合はアルマイト皮膜を剥がして下さい。

次に、タングステン棒は常に綺麗に研いで下さい、アルミがタングステン棒に付いたりすると黒くなり溶接出来なくなります。これらの条件を揃えて溶接準備完了です。

アルミの場合は、ステンレスのように「なめ付け」は基本的にNGです。出来ない事はありませんが、強度は得られません。溶解池を作り、アルミ用の溶加棒を適度に差しながらウロコ状に溶接していきます。溶解池とは、材料が溶けて水銀の池になったような状態の事です。

アルミは加熱しすぎるとドロっと母材が崩れてしまいますので、母材に対しての電流設定がシビアです。低すぎても溶解池が出来ないし、高すぎると溶け過ぎて弾けてしまったりします。弾けた瞬間、タングステン棒にアルミが付着するんですね。。。

丁度いい溶解池を連続して作りだし、そこに溶加棒を差し加える事で初めてアルミ溶接が出来るようになります。あとは練習あるのみ、、、最初は隅付けで練習するといいかもしれません。

それとアルミは鉄やステンレスのようにスイッチオン即溶接では付きません。母材が温まってないと溶解池が出来ないのです、その辺りは経験で分かるようになります。




弘法は筆を選ばずと言いますが、溶接に関しては選んだ方がいい結果が望めます。溶接機に関してはサイリスタ制御からインバータ制御、更にデジタル制御が主流になりつつあります。

性能は値段に比例するので出来るだけいい物が欲しい所ですが、下は20万から(サイリスタの中古)~出来るだけいい物を望むと100万(最新デジタル制御)を超えるものまで有る中でのお勧めは、単相200Vで扱えるインバータ制御の空冷仕様(新品で30~50万)辺りでしょうか。

アルミを溶接しないのなら、家庭用100Vで使える直流TIGが10万位からあります。仕事で使うとか、アルミフレーム作りたいとかで無ければ、交直TIGは勿体無いです。




最後にもう一つ、あまり注目されませんが溶加棒でも全然違います。上は某国産メーカー製の溶加棒で溶接条件を外して無理やり溶接した物。下は某イタリア製の溶加棒で条件を変えずに溶接した物、、、溶け込みのコントロール性と部材への溶着性がよく、非常に扱いやすい代物です。

取り扱い業者から薦められた時は、眉唾だったのですが、ちょっと感動しました。溶接技術は日進月歩、先日テストした最新デジタル半自動アルミ溶接機も凄い性能でした。

従来の半自動アルミ溶接機は無理やり溶かして付けてます的な感じでしたが、最新モデルはTIGに匹敵する品質の溶接が可能となり、誰でも手軽にアルミ溶接が可能になるなと思わせるものでした。

ただ値段も凄いです、某イタリア製のオーリンズ仕様車が買える位。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。